アフィリエイトを通してWEBを活用したビジネス展開方法を学ぶブログです。基本やっている事をまとめていくlogになります。

アドセンスアカウントの削除原因の根底

アドセンスアカウントの削除原因の根底

今日は、アドセンスアカウントの削除原因に対しての考え方をお伝えしていきます。

アドセンスのアカウントが削除されてしまう理由というのは、、グーグルが決めたポリシー違反をしてしまっているからというのが1つですね。

その根底にあるのが、 『広告主の撤退原因』というのが考えられます。

グーグルのお客様というのは、アドセンス広告を出稿してくれる一般のお客様です。グーグルにお金を払うポジションの方ですね。

グーグルが大切にしていくお客様が、その広告主様方です。
※もちろんサービスを使用される人皆様を大切に考えてくていると思います。

アフィリエイターはそのグーグルのお客様の広告を自分達のブログやサイトに掲載する事により、掲載料を頂きます。

この時、 広告主が広告費をしっかりと掛けて出稿したにも関わらず、売り上げが上がらずに損をしていたら出稿を辞めてしまうと思います。利益が上がらないで広告費ばかり出て行ったら当然ですよね。

それがアカウントを削除されてしまう根本的な原因だと僕は考えています。

グーグルからしたら広告を出稿してくれるお客様がいなくなってしまうのは困るわけです。

当然ですよね。
お金を出してくれている所なわけですから。

  • 広告主
  • グーグル
  • アフィリエイター

の3つのポジションがWINWINになるのが本当に理想です。

グーグルからしたらメインのお客様は広告主です。ですから、どんな事があろうと出来る限りお客様を守るのは当然です。

アドセンスの規約が厳しいというのは根底に、「お客様の出稿を撤退させてしまう原因になる掲載の仕方をしないでくれ!」という事があると思っています。

 

では、アフィリエイター側は何をしたらいいのか?

自分の媒体を作り込み、アクセスしたユーザーが広告をクリックしたその先で、広告主のオファーに対して少しでもアクションを起こしてくれるようなアクセス属性を集める。

これに尽きると思います。

ですから、トレンド等でその瞬間のアクセスを集める媒体にアドセンスの広告を張り付けていると、アカウント剥奪がされやいと感じています。

僕の元にアカウント削除のご相談等頂きますが、 そういった方の共通点としてはトレンドブログに対して広告掲載して稼いでいる人が多いですね。

  • グーグル
  •  広告主
  • アフィリエイター

この3つのポジションの方々全員がWINWINになれば、ペラサイトでも、テーマが決まっていないサイトでも、なんでもいいと思われます。

悲しむ人がいない訳ですからね。

ですが、実際はアクセスを集めてクリック報酬ばかりに目がいってしまうと思います。そうなると、一番最初に悲しい思いをするのは広告主です。

結果、広告出稿を取りやめ、グーグルのお客様が減るわけです。

グーグルからしたら、原因となるポジションのアフィリエイターに対して対処をするしかないわけですよね。

アカウントの規制が厳しい根底にはこういった当然の理由があるからだと考えています。

まぁ、頭で解っていてもなかなかできないですがね(^_^;)

 

まとめ

アドセンスの広告を扱う時に意識していく事は、

  • 属性が一致しているアクセス者を集めていく事。
  • 広告主からクリック報酬がでている事を意識していく事。
  • それと同時に、リスク分散をしつつアドセンスに依存しないで
    様々な広告を使いこなせるようになる事。

が結構重要だと感じています。

Pocket

アドセンスで収入を得る方法!稼ぐ仕組みを構築! トップに戻る

webstyle


WEBSTYLEの更新はFacebookページでもお知らせしています。

※運営サイトへの取り組み状況もフェイスブック限定でちょくちょく記載しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About

aba 著者:北原孝彦
美容師をやりながらWEB集客とアフィリエイトを学び5年後に独立。
3ヶ月後に株式会社WEBSTYLEを設立。一年後に美容室をオープンしました。アフィリエイトで培ったスキルを活かし、オープン3ヵ月で予約が1ヵ月先まで埋まる人気サロンに成長。現在はサロンワーク、ウェブサイト作成、スタッフ教育の毎日を過ごしています。
”WEB×実店舗”の面白さもLINE@から配信しています。

マニュアルが特典のサイト作成ツール

運営サイト

酵素ダイエットサイトへ   あなたを幸せに導く365日誕生日占いへ